top of page

Tekdapter 価格54,000円(59400円税込)

Daymaker デイメーカーより全てが新しいテックピンのみ対応のTekdapterが登場いたしました。

今までのDaymakerはアルペンソール、グリップウォークどちらも対応でピンの穴は問題ではありませんでした。今回のTekdapterはピンの穴が開いているタイプのみ対応になります。基本的に対応のブーツをお持ちの方しかご使用になれません。ご使用頂くにはテックバインディング対応のブーツをご使用頂かないといけません。

 

近年バックカントリーをされないかたもBC系のブーツをご使用になられているケースも増え、歩き易さや軽量といった事でお選び頂くケースも増えております。そんな方にノーマルのバインディングがセットアップされたスキーにこのTekdapterをご使用頂き是非バックカントリーにTRYして頂きたいと思っております。テックバインディグは軽く、登りやすく設計されております。登り重視の分下りの滑走時に不安を感じる方が多くいらっしゃいます。そんな方にはこのアイテムが非常に有効で、登坂時はテックの歩きやすさ、下りは外してノーマルの安心感のあるバインディングで滑走というスタイルです。

 

どのような人がこのTekdapterを使うのか?

まずは、現在 バックカントリーでテックバインディングをご使用になられている方がテックバインディング以外のスキーで登ったりする時に使います。

 

これを使うには必ずピンの穴がついているタイプのブーツをお持ちの方に限ります。

グリップウォーク対応になります。

Daymakerとは!!

Daymakerはアメリカ、ユタ州ソルトレイクシティーで作られ,世界に展開されています。デイメイカーチームが普段使用している自分のスキーでバックカントリーに行くことにしたことから始まります。かかとの上がる簡単なアダプターを自作し、何度も繰り返しバックカントリーツアーを行いましたが、機材不備でツアーを台無しに。その事に反省し、新しいバックカントリーツールの開発に着手しました。それは耐久性をもちつつ、誰もが使える使いやすいものでなければなりませんでした。そこから試行錯誤を繰り返し、ついにデイメーカーツアーリングが誕生しました。

 

デイメーカーツアーリングは手作業にてひとつひとつくみ上げられています。そのため、まとまった数を生産する事が難しく、製品在庫がある際にご購入いただくことをおすすめいたします。ここ数年多くのツアー系バインディングがふえてきましたが、かなり高額な商品も多く、バックカントリーにトライする前に断念せざるを得ない方もいらっしゃいます。このデイメーカーはお持ちのスキーのついているノーマルアルペンビンディングで使用可能です。何台もスキーを所有し、またツアービンディングやツアー用の兼用ブーツをお持ちでない方もこのデイメーカーが一台あれば、アダプター機能をもって兼用させることが可能で、バックカントリーツアーのハードルを下げ、雪山へといざないます。

Tekdapter2024

¥59,400価格
消費税込み
    bottom of page